医療連携の指標

①紹介率 ②逆紹介率

分子・分母
分子:①紹介患者数+救急搬送患者数 ②逆紹介患者数
分母:初診患者数
備考(除外項目等)
① 他医療機関からの紹介で受診した患者
② 他医療機関への紹介患者
指標の説明
地域の医療機関の機能分化がすすむ中、最適な医療やケアを提供するため、サービス提供者の連携が求められています。紹介率・逆紹介率は、他の医療機関との連携の度合いを示す重要な指標です。紹介率は他の医療機関からの紹介で受診した患者(紹介患者+救急搬送患者)の割合を示し、逆紹介率は当院から他の医療機関に紹介した患者の割合を示します。
考察
(2013年10月に診療所と病院外来が統合しており、集計方法が変わっています。そのため、2014年度の紹介率が下がっています。)
2020度の紹介率は、前年より6.4ポイント増加、逆紹介率も10.3ポイント増加しています。新型コロナ感染症拡大の影響もあり、紹介件数は2019年度より減少していますが、初診患者数に占める紹介患者数の割合が増えていると捉えることができます。
2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、医療機関訪問や連携学習会・医療連携の会の開催企画も次々と中止となりましたが、連携学習会はWEB開催で1回行うことができました。
今後もWEB企画等、コロナ禍の中でも地域との連携を進める方法を考えていきます。