循環器内科

循環器内科

診療案内

第一線の医療機関として心不全、不整脈などの頻発疾患を中心に、 各種循環器疾患に対する外来 ・入院医療を行っています。心不全は高齢化に伴い、パンデミックと言われるほど患者さんが増えています。これに対し、私たちは多職種で心不全チームをつくり、入院診療はもとより外来で心臓リハビリテーションを実施して再増悪予防に努めています。地域という視点でみると、倉敷中央病院を中心とした心不全診療の一端を担っています。
狭心症、心筋梗塞などの虚血性心臓病に対しては運動負荷心電図、24時間心電図、 心筋負荷シンチや冠動脈CT検査により、冠動脈病変の評価を三次医療機関と連携して、 治療方針を立てています。
不整脈に対しては、 外科グループとペースメーカー治療をおこない、ペースメーカー植え込み後は、ペースメーカー外来にて管理をしています。

主な医療設備

心血管造影
冠動脈造影、左室造影、大動脈 ・末梢血管造影、スワンガンツカテーテル、体外ペーシング
心RI検査
心筋シンチ、心プールシンチ、RIアンギオなど
心臓超音波
ドプラー、経食道心エコーを含む
超音波
末梢動脈、頸動脈などの動脈硬化評価
運動 (マスター、トレッドミル、エルゴメーター) 負荷心電図
24時間心電図 ・血圧計

外来診療スケジュール

外来棟1階 予約制
午前 - 吉井健 倉中より 吉井健 - 吉井健
隔週
夜間 吉井健
第1週のみ
16:00~
19:00
- - - - -

医師紹介

水島協同病院 副院長
吉井 健司

ご高齢者の方が増える循環器診療に他科と連携し、多職種チームで取り組んでいます

卒業年
昭和58年
資格
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
医学博士