神経内科

神経内科

診療案内

当科は、倉敷南地域の医療圏において、近くてかかりやすい”かかりつけ神経内科”であることをめざしています。脳から脊髄・末梢神経・筋に至る神経系の様々な疾患に対応します。

対象疾患

神経変性疾患 等
パーキンソン病、多系統萎縮症(MSA)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多発硬化症(MS)筋ジストロフィー、多発筋炎等々、いわゆる神経難病に対応しています。それらの疾患は病態解明及び治療法確立が未だ不十分な領域であるため、患者さんは大変な苦難に直面せざるを得ません。長期にわたる加療、身体状態管理とケアが必要です。外来診療、短期入院、長期加療療養など、病状に合わせて対応しています。
脳卒中
長寿社会において、脳卒中は生命と健康寿命を脅かす重要な疾患です。内科、総合診療科と協力し、岡山脳卒中医療連携体制内では急性期B診療体制をとっています。超急性期治療を担う一次脳卒中センターと連携し,脳卒中急性期加療に尽力します。急性期治療、リハビリテーションを担います。病初期から多職種チームが介入し、最適な回復過程へとサポートします。患者さんひとりひとり脳卒中経過は異なります。回復期リハビリテーションへのバトンタッチ,その他多様な生活への再適応を考慮し、地域密着型病院ならではの脳卒中医療を展開してゆきます。

脳炎・脳症、髄膜炎、単神経炎、多発神経炎(Guillain-Barré症候群含) 等

てんかん、頭痛、慢性神経痛 等

一見認知症様症状を呈する種々の疾患
認知症専門医と連携し精査をおこないます。

診療体制

外来診療は予約制です。初診は院内外からの紹介を基本にしています。
脳卒中、けいれん等、救急時は院内コール対応します。
入院医療は一般急性期病棟と長期医療病棟(障害者施設等一般病棟60床)で対応します。
法人内リハビリテーション専門病院と連携しています。

その他

MRI、CT、シンチグラフィー(脳血流、DATscan、MIBG)、
血管エコー、脳波、筋電図、神経伝導速度測定
急性期リハビリテーションスタッフ病棟担当制(PT,OT,ST)
多職種チーム(ケア、リハビリテーション,栄養,摂食嚥下,褥瘡排泄、MSW)

施設認定

脳神経内科准教育施設 脳神経内科専門医3名
岡山県難病対策事業レスパイト入院受け入れ施設

外来診療スケジュール

外来棟1階 予約制
午前 吉井り
9:00~
11:30
- 太田 - - -
午後 吉井り
13:30~
14:30
- - - 吉井り
13:00~
16:00
-
夜間 - 太田
16:00~
19:00
- - - -

医師紹介

太田 仁士

お困りごとがあればなんでもご相談ください。

卒業年
昭和51年
資格
日本神経学会認定神経内科専門医
日本神経学会指導医
日本内科学会認定内科医

吉井 りつ

専門医による総合的なケアを提供し、快適な生活を送れるようサポートします。

卒業年
昭和61年
資格
日本神経学会認定神経内科専門医
日本神経学会指導医
日本内科学会認定内科医
医学博士