倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

当院でのお産

お産までの流れ

 妊娠おめでとうございます。

 さくらんぼ助産院での出産を希望される方は、まず「水島協同病院 産婦人科」に受診してください。
 助産院は、水島協同病院 産婦人科と連携しているので、親子手帳発行後1回目の妊婦健診を受け血液検査等異常がないかの確認が終了するまで、水島協同病院 産婦人科に通院していただきます。
 妊娠初期は子宮外妊娠、流産、胎児の発育・奇形等の診察が重要になります。重要な妊娠初期を受診していない場合、助産院での分娩は難しくなります。そのため、妊娠が分かったら、早めに受診してください。
 病院での妊婦健診は初期より医師の診察を5回は受けていただきます。
 健診中、病院での診察が必要な場合は産婦人科へ受診していただきます。高度医療機関での診察が必要となった場合は、紹介・搬送させていただくこともあります。
 問題がなければ、助産院で健診を行います。
助産院の健診は1人30分の完全予約制にしています。定期健診には必ず受診してください。
 母親教室は前期・後期の2回あります。健診で指導も行いますが、正常な妊娠の経過が送れるようケア内容を教室で指導しています。
 定期的な妊婦健診を受診し、自分の体づくりを行い、快適な妊娠生活を送りましょう。

生理が遅れてる。 妊娠反応が陽性でした。

妊娠初期までに必ず、【水島協同病院(嘱託医)産婦人科外来】で医師の診察を受けよう。
事前に予約のTELを入れてね。※水島協同病院 086-444-1222(代)

初めての診察。子宮の中に赤ちゃんがいるよ。

順調に大きくなってるね。予定日が決まったよ。

おやこ手帳をもらって第1回目の妊婦健診は病院で医師の診察を受けてね。
血液検査、子宮癌検診、おりもの検査、赤ちゃんの成長をチェックしてもらったね。

※受診券14枚、病院の受診券5枚あるね。

2週間後は検査結果と赤ちゃんの成長のチェックをして異常なかったね。さぁ、いよいよ、さくらんぼ助産院に行けるね。もし、見学していなかったら、ぜひ、助産院へ行ってみてね。この時、次回2週後の助産院で妊婦健診の予約を忘れずにしてね。 ※完全予約制 1人30分。

さくらんぼ助産院での初めての妊婦健診だね。
ただし、妊娠20週・25週・30週・35週頃は診療所で医師の妊婦健診があって血液検査やお母さんと赤ちゃんの状態をチェックしてもらうから安心だね。

妊婦健診は、 妊娠6ヶ月(23週)までは、4週毎。妊娠7ヶ月(24週)からは、2週毎。
妊娠10ヶ月(36週)からは、お産も近いから毎週妊婦健診に来てもらうね。
必ず予約日に来てね。約束だよ♪

もし、何か医学的な治療が必要なときは 【水島協同病院 産婦人科外来】へ行ってもらうよ。
高度医療が必要なときは後方支援病院(倉敷中央病院)へ紹介させてもらうね。

助産院で安心してお産してもらうために約束してもらいたいこと。
 ※定期的に妊婦健診を受ける。
 ※母親教室へ参加する。
 ※自らお産に向けて体づくりをする。
 ※バースプランをたてること。
そうして、快適なマタニティライフを目指そう!!

私たち助産師は、皆さんの産む力を最大限出せるようサポートし、傍に寄り添い一緒に新しい命を迎えます。
このことは何よりの喜びです。