倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

勝手な判断は危険 高血圧の薬の飲み方・止め方

  血圧が高いと動脈硬化を起こして、その結果、脳梗塞や心筋梗塞の原因になったりします。 血圧を下げるには生活習慣の改善が必要です。 肥満、お酒の飲み過ぎ、塩分の摂り過ぎ、ストレスのかかる生活などは改善しなければなりません。   それでも血圧のコントロールがうまくいかない時には、薬を使って血圧を下げます。 ただし、薬を飲み出してからも、生活習慣の改善には努めてください。
  血圧の薬は主に血管を拡げて、血圧を下げます。 血圧はただ下げれば良いということではなく、安定させる必要があります。 従って、血圧が高い時だけ薬を飲めば良いというわけではありません。 そうした飲み方では、むしろ血圧の変動が大きくなり、かえって心臓の負担になってしまいます。
  また血圧の薬を飲んで血圧が下がったからといって、薬は止めてはいけません。 薬によって血圧が下がっているだけで、薬を止めればまた高い状態に戻ってしまいます。
  降圧剤の副作用には血圧の下がり過ぎによるめまいや立ちくらみ等があります。 こういった症状が出た場合にはすぐに知らせてください。 薬は自分の判断で止めずに、医師の指示に従ってください。 不明な点があれば医師か薬剤師に相談してください。


(薬剤部 大地和樹)