倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

シーズン到来!早めの対策を 花粉症の薬について

  アレルギー疾患のひとつである花粉症は、薬で完全に治すことは難しいといわれています。 それでも薬により、くしゃみ・鼻みずや目の症状を楽にしたり、 症状が出るのを予防することはできます。
  花粉症の治療に使われるお薬には、内服薬、点鼻薬、目薬があります。 内服薬には、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの原因となるヒスタミンを抑える薬や、 アレルギー反応を伝える物質である 「ケミカルメディエーター」 を抑える薬があり、 目・鼻・のどの症状をやわらげます。 点鼻薬は鼻の粘膜の充血やはれをおさえ、鼻みず・鼻づまりを速やかにとることができます。 点眼薬は目の充血やかゆみを抑えます。 ステロイドの内服薬や点鼻薬も使われます。
  また、内服薬では副作用として眠気を起こすものがあり、 車の運転や高所での作業などには注意が必要ですが、最近では眠気を起こしにくい内服薬もあります。 内服薬と外用薬 (点鼻薬・点眼薬) とをうまく使い分けることが大切です。
  花粉症の薬は一般的に、症状がひどくなってから使用するより、 症状が出る前から予防的に使用することで、症状を軽くすることができます。 ですから、花粉症シーズンが近づいたら早めに病院や診療所で受診することをお勧めします。 不明な点は薬剤師に相談してください。

(薬剤部 神原康佑)