倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

これだけは知っておきたい 目薬の正しい使い方

  点眼薬 (目薬) の正しい使い方について紹介します。
(1) 点眼する前に手を石鹸できれいに洗います。

(2) 目薬の準備。濁っている目薬や、 錠剤等を溶かしてから使う目薬は良く振ってから使用してください。

(3) 上を向いて、指で下まぶたを引いて1滴点眼します。1回の点眼は1滴で十分です。 この時、薬の容器の先がまつげや目に直接触れないように気を付けましょう。

(4) 点眼した後は、約1分間目を閉じ、そっと目頭を押さえてください。 こうすることで目薬の効き目が良くなります。

(5) あふれた目薬は、清潔なガーゼやティッシュで拭き取ります。 (6) 2種類以上の目薬を使用する場合は5分程時間を空けます。

 

  目薬の量ですが、目の中に入る薬液の量は1滴の半分以下です。 したがって目薬を2滴さしても意味がありません。 2~3滴ささないとさした気がしないといわれる方もいますが、気分の問題です。
  保存方法では、目薬は日光や熱に弱いものがありますので、 付属の袋に入れて必要な場合は冷蔵庫で保存します。 雑菌の繁殖の心配もありますので、 使い始めた目薬は長くても1ヶ月すれば新しいものに変えてください。 もらう時に良く聞いてください。その他不明な点は薬剤師に相談してください。

子どもの目薬のさし方

(薬剤部 大地和樹)