倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

「安くてよいお薬」を厳選 -ジェネリック医薬品を考える-


退院時の服薬指導のようす

  「お薬代が安くなります」 というCMをご覧になった方は多いと思います。 “ジェネリック医薬品” とは後発医薬品のことで、先発医薬品よりも価格が低く抑えられています。
  では、なぜ安いのでしょうか? そもそも医薬品は発売されるまでに膨大な費用と手間がかかります。 研究、開発、有効性や安全性の試験に加えて、その後厚生労働省の認可を得た後も 発売後の安全性などの情報収集があります。 手間がかかる分だけ価格は抑えにくくなりますが、一面その医薬品は特許をとることができます。
  ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間が切れた後に発売するため、 先発医薬品のような手間がかからず、価格を抑えることができるのです。
  では、ジェネリック医薬品は良い面ばかりなのでしょうか。 確かに先発医薬品と薬の主成分やその量は同じです。 ですが、主成分以外の添加剤、 たとえば、溶けやすくする成分、主成分を吸収しやすくする成分などは種類、 量ともに先発医薬品とは違いがありますので、効き目が違ってくる可能性が出てきます。
  「安けりゃよい」 ではなく、「安くてよい医薬品」 を患者さんに提供できるよう、 私たち薬剤師は厳しく採用医薬品を選んでいます。

(薬剤部 森 史)