倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト



チーム医療の紹介 ACLSチーム

~つなげるバトン・いのちの輪~

水島協同病院では、救急医療委員会のメンバーを中心に救急蘇生に関わる活動をしています。
院内では、BLS(一次救命処置)+AED講習会やACLS(二次救命処置)の講習会でいざというときのシュミレーション訓練を行い、チーム医療の大切さを学習しています。
院外では、地域や関連の歯科診療所や保育園に行き、組合員さんなどにBLS+AED講習会を行っています。
急変は、いつ・どこでおきるかわかりません。
いつ・どこでおきても迅速に的確に対応ができるようにするため、院内のラウンドをしたり、院内の急変時の対応マニュアルなどを作成したり、ハード面ソフト面で強化しています。
救える命が「いのちのバトン」でつなげられるよう病院内・病院外で今後も活動していきます。