倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト



チーム医療の紹介 ICC・ICT

院内感染防止対策委員会(ICC)とは

以下のことを目的として設置されています。

  • 1.院内感染の予防対策の検討及び推進に関すること
  • 2.発生した感染症及び感染事項への対応方法に関すること
  • 3.感染等の情報交換と収集に関すること
  • 4.その他、感染症・院内感染に関すること
  • 5.院内感染防止対策マニュアルの作成と、必要に応じた更新を行う

「院内感染対策マニュアル」に則って、院長・看護部長・薬剤部長・医事課長・ICTのほか、各部署代表者から構成・組織され毎月1回定期的に会議を開催して院内感染予防対策の策定と推進を行っています。


感染防止チーム(ICT)とは

看護師(ICN)、医師、検査技師、薬剤師で構成され、院内感染防止対策委員会の下部組織として院内感染の予防対策の具体的実行、及び職員の安全確保の推進を図ることを目的に活動しています。


具体的には・・・・

  • 定期的に院内感染対策に関する教育と実習を行っています。
  • 院内感染の発生率に関するサーベイランスを部署とターゲットを絞って実施しています。(血流感染、尿路感染)
  • 院内感染の発生状況(細菌検査結果や抗菌薬使用状況など)を院内感染対策委員会に報告し、感染対策に活用しています。
  • 最新のエビデンスに基づいたガイドライン(手引き)を参考に、施設の実情に合わせたマニュアル(手順書)を作成し各部署に配布しています。
  • 特定抗菌薬(広域スペクトラムを有する抗菌薬、抗MRSA薬など)の使用に関しては届け出制をとり、抗菌薬の使用状況をチェックしています。
  • 週1回の院内ラウンドを行い、環境整備などのチェックとフィードバックを行っています。
  • 毎朝ミーティングを開き、培養検査陽性者、特定抗菌薬新規使用者、発熱・下痢・嘔吐のある患者などについてICT内で情報を共有し、感染症や感染徴候の早期発見に努めています。

サーベイランスデータ、病棟ラウンドによる所見、要因分析の結果などの情報を迅速に関係部署に知らせ、情報を共有しています。