倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

リハビリテーション部について

 水島協同病院は倉敷医療生協の医療、介護の施設体系(一般病院、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟、老人保健施設、診療所、訪問看護ステーションなど)の中においては急性期の患者のリハビリテーションを担当しています。したがって当院は一般病床がほとんどですが、それに加えて、60床の障害者病棟があります。すなわち病状が不安定で医療必要度が高い維持期や神経難病のリハビリテーションも担っています。
 急性期、回復期、維持期のいずれにおいても医療保険による専門的リハビリ診療には4種類の疾患別リハビリ施設基準が必要ですが、当院は現時点では脳血管疾患等、運動器、呼吸器の3種類において基準を取得して提供体制を整備しています。
 現代のリハビリテーションにおいては漫然としたリハビリではなく、評価と計画に基づいて行い目標達成のアウトカムが重視されていますが、そのためには提供されるサービスの質と量の両面が必要です。そこで当院では質の向上のために、疾患別リハビリテーションのそれぞれの分野におけるチーム編成を行い、担当病棟を決めて他職種との連携が取りやすい体制を構築しています。また量の充実のためにはマンパワーが必要ですので、積極的に人材確保にも取り組んでおります。

リハビリテーション部 部長 吉井 健司


※掲載している患者さんの写真についてはご本人の承諾を得ています

~理学療法士~

 当院の理学療法士は急性期での早期離床を行い、在宅や回復期病棟・施設など退院先に合わせた機能訓練やADL訓練を行っています。必要に応じてご自宅でのADL訓練やご家族や退院先の施設の方に対しての介護指導も行っています。
 入院中の対象疾患は肺炎、COPDなどの呼吸器疾患、糖尿病や心不全などの内科疾患、脳梗塞や神経難病などの脳血管疾患、整形外科疾患、外科手術前後等です。
 各病棟に担当セラピストを配置することで早期から介入し、疾患に合わせた運動療法や生活指導を行っています。例えば、肺炎やCOPDに対しては機能訓練に加え、排痰訓練、呼吸法を取り入れたADL訓練などを指導しています。外科手術ではクリニカルパスに沿って術前から呼吸訓練を開始し、術後翌日には起立・離床をすすめています。
 外来では、心臓疾患や透析中の患者さんを対象に退院後の身体機能の維持・向上を目的に外来リハビリテーションを行っています。



先輩セラピストのひと言

桝野: 川崎医療福祉大学出身
 入職3年目の理学療法士です。職場では先輩・後輩ともにとても仲が良いので相談もしやすく働きやすい職場です。また様々な疾患の患者様がおられる中で、学習環境も整っているため日々とても勉強になっています。
桑原: 岡山医療技術専門学校出身
 入職2年目の理学療法士です。水島協同病院のリハビリテーション部は皆さん若くて、スタッフ間の仲もいいので、相談もしやすくとても働きやすい職場です。また患者さんから教えられることが日々あるため、楽しくやりがいのある職場だと思います。
河井: 玉野総合医療専門学校出身
 入職3年目の理学療法士です。当院は呼吸・循環器内科、内科、外科、整形外科、神経内科等の診療科から多種多様な疾患を抱えられた患者さんがいらっしゃり、また急性期医療の中で医療職として様々な経験、知識を得ることが出来ます。

~作業療法士~

 当院の作業療法士は、一般急性期病棟と障害者病棟の作業療法業務に携わっています。主に、脳血管疾患では脳梗塞(後遺症含む)やパーキンソン病、運動器では腰椎圧迫骨折や大腿骨頚部骨折、呼吸器では肺炎やCOPD等が対象になっています。また、慢性的な経過を辿る方も対象とし、介護の必要性に応じ、看護師やMSW、PT・ST、ケアマネージャーなど他職種と協力し個別のカンファレンスや実際の生活場面に訪問に伺う等地域連携も行っています。
 在宅や施設といった次の生活環境を想定したADL/IADL訓練や環境調整、必要に応じ機能訓練や訪問指導に伺う等、個々人にあった生活(作業・環境)を再構築していけるようサポートしています。また、介護者の指導が必要な場面では、実際の訓練場面に参加して頂き介護指導も行っています。




先輩セラピストのひと言

川上: 玉野総合医療専門学校
 入職2年目の作業療法士です。当院には様々な疾患を抱えて入院された患者様がおられ、リハビリの担う役割は幅広いものであると感じます。先輩方から沢山の指導を頂き日々勉強ができています。
大熊: 福岡国際医療福祉学院
 入職7年目の作業療法士です。当院は急性期病院ですが、グループ内に回復期病院、老健、訪問リハビリ等の多用な施設があり、そこのリハスタッフとも仲が良く交流があるため様々な知識が得られます。
哲翁: 西九州大学
 入職3年目の作業療法士です。当院では様々な疾患を抱えた患者様がおられます。また疾患だけでなく、社会的な背景から生活に困っている方もおられます。そういった患者様や同職種・他職種との関わりを通して様々な学習・経験をすることが出来ます。

~言語聴覚士~

 急性期病院である当院での言語聴覚士は、主に摂食嚥下障害に対する治療に携わっています。対象は脳卒中(後遺症含む)、肺炎(廃用症候群含む)が多く、その他には変性疾患、認知症などです。
 入院時に医師や看護師・臨床検査技師と協力し、食事が摂れない患者さんや栄養不良の患者さんに対して摂食嚥下機能の検査を行って障害状況を判定します。
 障害状況に合わせて口腔機能・嚥下機能の向上を図る訓練(間接訓練)や直接口から食べる訓練(直接訓練)を実施します。そのほか、口腔ケアや窒息・誤嚥性肺炎の防止を行い、安全な食事摂取の確立と食事によるQOL向上が提供できるように努めています。
 言語聴覚士単独で摂食嚥下リハを行うのではなく、医師や看護師・臨床検査技師・管理栄養士など多職種とチーム医療として患者さんに関わっていくことで、より安全に経口摂取をしていただけるようにサポートしています。


先輩セラピストのひと言

小田: 神戸医療福祉専門学校出身
 水島協同病院リハビリテーション部は、若くて元気でいつも笑顔のあふれる職場です。もちろん他職種同士の仲も良く、活気のある病院だと思います。
 STは2名体制ですが、その分多くの患者さんと関わることが出来て、逆にいつも元気をもらっています。楽しい職場ですよ~!