倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

水島協同病院 臨床指標


患者支援の指標

①生活保護相談件数 ②無保険相談件数 ③資格証明書相談件数 ④短期保険証相談件数

①生活保護相談件数 ②無保険相談件数 ③資格証明書相談件数 ④短期保険証相談件数
指標の説明

 医療相談室では、経済的問題により受診出来ないということがないよう、制度の活用を促し、問題解決の相談をしています。経済的相談のうち国保短期保険証、国保資格証明書、無保険、生活保護の相談件数の4項目を質の指標としています。これらは、社会の情勢や地域の特性を反映し、民医連の人権を守る医療実践の指標と言えます。

考察

 倉敷市では国民健康保険の保険料未納者などに対して、短期保険証や資格証明書が発行されています。倉敷市では依然451世帯に資格者証が発行されています。資格証明書での受診は窓口負担が10割負担となり、経済的問題を抱える人の受療権の侵害になりかねません。
 2017年度は資格証明書の方の相談が2件、無保険の方からの相談も10件ありました。また、生活保護の相談件数は前年度並みに推移しています。
 「気になる患者訪問」として、中断・安否確認・実態把握・資格者証・無保険の方の訪問を2011年より行い、2017年度の訪問件数はのべ16件で、治療中断患者の訪問が中心でした。経済的事由で受診が滞りがちになる事例もありました。事例として、定年退職後、保険手続きをせず、受診をひかえていた例や、2週間前より症状あったが受診できず、動けなくなって救急搬送された例もありました。無職で経済的に困窮した無保険の方でした。
 今後、格差社会の進行、社会保障の後退の中で病人が患者になれない状況が深刻化しています。患者の立場に立ち受療権を守る支援がますます必要と考えます。

臨床指標のトップに戻る このページのトップに戻る

カルテ開示数

カルテ開示数
備考(除外項目等)

 患者・家族から申請・同意があって、当院の規程に基づき閲覧・複写など対応したもの。

指標の説明

 カルテ開示の基本的な意義は「知る権利の保障」です。医療についてより詳しい説明を聞きたい等の要望については相談窓口を設置し、診療記録の閲覧や病状説明を行い患者さんとの診療情報の共有をはかり、円滑で良質な医療を提供できるよう推進しています。この指標は、それらの実践として示しています。

考察

 診療情報の提供とは、診療の過程で得られた患者の身体状況、病状、治療の情報を提供することをいいます。日常的な診療の中で病状や治療について説明し、必要な説明文書を交付し情報提供を行うことを原則としていますが、ご本人の申し出がある場合には別途時間を設けて診療内容の説明や診療記録等の複写を行っています。
 2017年度は16件の開示が行われました。13年度の実績には届きませんでしたが経年的には徐々に増加していることが窺えます。

臨床指標のトップに戻る このページのトップに戻る

  • 前の指標8.慢性疾患の指標