倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

転倒・転落を予防するために

患者様が入院生活を送られる病院の環境は、それまでの住み慣れた家庭とは異なります。 その生活環境の変化に、病気やけがによる体力・運動機能の低下が加わると、思いもかけない転倒・転落事故につながることがあります。
当院では、転倒・転落の可能性を考え、細心の注意を払っております。 更に安全を高めるため、患者さまご家族と共に安全対策について考えていきたいと思います。

入院に際して、ご注意いただきたいこと

  • 足腰がご不自由な方や歩行が不安定な方には、ゴム底の運動靴をお勧めします。
  • べッドから立ち上がるとき、床頭台・オーバーテーブルにつかまっての動作は危険です。必ず、ベッド柵を持って立ち上がってください。

入院中こんな症状のときが最も危険です

  • ベッドからはじめて床におりられるとき
  • 介助が必要な方が遠慮して自分一人で動かれたとき
  • 睡眠薬を飲んだあとふらつきが見られるとき
  • 急な発熱などの病状が変化したとき
  • ポータブルトイレへの移動中

「転倒・転落アセスメント表」は、安全対策を考える上で大切な情報になります。 看護師の質問にお答えいただきますようご協力お願いいたします。過去に転倒・転落の経験がある方は、病棟の看護師に必ずお伝えください。