倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

看護部長 脇本 美香

 看護部長 脇本 美香

 私たちは「いつでも誰もが安心してかかれる医療を追求します」という病院理念のもと、ナイチンゲール+αの看護を目指しています。その看護部理念を「人権尊重の視点に立ち、生きる力を高める看護をします」と定め、看護の対象となるすべての人々の内なる力に働きかけ、その人がその人らしく生きることができるよう支援してきたいと考えています。
 医療は「治す医療」から「治し、支える医療」へと転換しています。水島協同病院を利用して頂く組合員さんをはじめ、患者さんや御家族の方々が安心して医療・看護が受けられるよう、在宅生活を支える地域の様々な医療機関・福祉施設と手を取り合いながら、「その人らしい生活を支える」ことのできる看護部を目指しています。

看護部理念
 人権尊重の視点に立ち、生きる力を高める看護をします

基本方針
 1)急性期病院として、7対1急性期病棟の維持、地域包括ケアシステム推進に
  取り組みます。
 2)看護部理念に基づく人材育成、看護師確保と定着に取り組みます。
 3)医療従事者の負担軽減に夜間看護職の業務負担軽減、働きやすい職場
  づくりに取り組みます。
 4)他職種参加型チーム医療の推進に求められる看護の役割を果たします。
  また、資格取得や学術研究活動を重視して取り組みます。

 上記を実践することで看護部理念が現場で実践され、私達のキラリと輝く看護を語れる年にします。
 大規模災害訓練も毎年積極的に取り組んでいます。震災時にも求められる役割に応えられるよう看護師支援を行います。

ALL 1/3 2/3 3/3


部署紹介教育制度認定看護師 取り組み・活動 看護学生のページ 高校生のページ 看護師募集 1年目看護師の一日 キラリみずき 看護師募集パンフレット

水島協同病院の看護部紹介

  倉敷医療生協は、1953年に302人の組合員の 「お金のあるなしや年をとっているとか、 国籍が違う等による差別の無い親切で良い医療が受けたい」 という熱い思いと血のにじむような努力によって誕生しました。
  医療活動は、3人の職員による小さな診療所からスタートしました。 今日、6万数千人の組合員と1200人をこえる職員数になりました。 創立以来の 「無差別平等」 「参加と協同」 の理念は、私たちの活動の基盤です。

看護部の理念

[理念]  人権尊重の視点に立ち生きる力を高める看護をします。
[目標]  (1)患者さんへの一言「ご要望をお聞きします」から看護をはじめます。
 (2)患者の生活と疾病に向き合い,患者の持てる力を高める看護をします。
 (3)地域で安心して暮らせるよう、支援します。
 (4)多職種とのチームワークで根拠に基づく安全、安心の看護を行います。
 (5)看護実践をとおして主体的に学び成長します。

看護体制

  (1)看護基準  一般病棟入院基本料区分A (7:1入院基本料)急性期看護補助体制加算(50:1)+ 2階西病棟 (10:1)
  (2)勤務体制  病棟3交代(3人夜勤)   外来(救急)2交代(2人夜勤)
  (3)看護方式  固定チームナーシングと個別受持制
  (4)看護記録  電子カルテ POS

看護部研修

  (1)ラダーⅠ(基礎Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ)研修、ラダーⅡ,Ⅲ,Ⅳ研修
  (2)実習指導者研修
  (3)プリセプター研修
  (4)看護助手研修

組合認定看護講座

  2006年度から、倉敷医療生活協同組合認定看護講座を「褥瘡」 「摂食嚥下」 「認知症」 「感染管理」「糖尿病」の5つの分野で開始しています。
・組合看護研究講座 (外部講師の指導を受けながら、看護研究を行っています)

実習受け入れ

  (1)ソワニエ看護専門学校
  (2)翆松高等学校
  (3)倉敷看護専門学校
  (4)岡山医療福祉専門学校
  (5)玉野総合医療専門学校
  (6)東亜大学学園付属看護学院 (通信制)
  (7)穴吹医療大学校 (通信制)
  (8)救急救命士