倉敷医療生活協同組合 水島協同病院 オフィシャルサイト

認定看護師

認定看護師の紹介

緩和ケア認定看護師

岸本 江未


緩和ケアとは、痛みや症状をやわらげ、患者さんがその人らしく生きるためのケアです。その人らしく過ごすためには心身の苦痛がない環境を整え、その人が抱える問題を少しでも軽くすることが必要です。患者さんの想いを聴き、患者さんが納得して身の回りのこと、ご自分のことを選べるように支援していくことが緩和ケアです。私自身、あなたがあなたらしくいられるように援助することを大切にしています。
また、当院には様々な職種が集まってできた『緩和ケアチーム』があります。毎週2回の回診を行い、病棟で働くスタッフの相談を受け、患者さん・ご家族の想いを大切に出来るようチームと病棟スタッフが協力してケアに取り組んでいます。緩和ケア認定看護師として持っている知識・技術を活用し、所属病棟や緩和ケアチームの中で患者さん・ご家族、働くスタッフと一緒に考える姿勢を持って患者さんの「今」、を大切に看護を行っていきたいです。


糖尿病看護認定看護師

下須賀 香奈子


糖尿病療養指導士として働く中で、さらにスキルを磨き、患者さんへの理解を深めたいと思い、認定看護師を目指しました。勉強は本当に大変でしたが、自分の人生観が変わるほどのいい経験になりました。患者さんやご家族の悩みを一緒に考え、その人らしい生活を送るための方法を話し合いながら、チーム全体でサポートしていこうと考えています。


皮膚・排泄ケア認定看護師

安藤 裕子


岡山で初の皮膚・排泄ケア認定看護師研修センターが開講となり、排泄ケアに興味があったのですぐに受験を決めました。排泄は体がもつ大事な機能の一つであり、人間の尊厳にかかわる部分でもあります。勉強や実習は大変でしたが、後から思うと貴重な体験でした。これからも、自分なりの看護への思いを深めて、技術、知識両面のレベルを上げていきたいと思います。


皮膚・排泄ケア認定看護師

平良 亮介


ストーマケア、創傷ケアを中心に、認定看護師活動を行っています。今後も学び続け、人材を育成し、そして患者様のQOLの向上に少しでも役立てるように、看護の質を高めていくことを決意しています。


摂食・嚥下障害看護認定看護師

土居 美代子


口から栄養が取れなくなった患者さんでも、嚥下機能評価や適切なリハビリによって、経口摂取ができるようになることがあります。私たちがめざすのは、一人でも多くの方が口から食べる喜びを取り戻し、生きていることを実感できるようになること。患者さんに応じた訓練やリスク管理を行いながら、ご家族や看護師の相談を受け、一緒に学び考えていく毎日です。